ゲイの金融コンサルタントのぶっちゃけ日記

LGBTの社会保障。あまり語られてこなかった分野を、金融コンサルタント&カウンセラーとして紹介します。 と言っても、好き勝手な人生を歩む中年オヤジなので、ゆる~く・のんびり・正直に書きます。

新型コロナ⑥ 〜報道の変化-2/クルーズ船〜

ニュースがどう変わっていくか?を見極める。
これは優秀なビジネスマンがやってること
ここ数日私が書いた、新型コロナの記事を振り返りますね。

lgbts-lifeplan.hatenablog.com

 

クルーズ船:ダイアモンドプリンセス号
新型コロナの日本第1号クラスター、ではない。
クルーズ船内は外国しかも外国船籍
外国で起きた、外国企業のクラスター。
なのに、すべてを日本(我々の税金)で対応。

政府の反対を無視して汚染エリアで遊んできた乗客は、
政府に「JTB豪華ツアー」並のおもてなしを要求。

『遊んでいた患者に、命がけで対応した医療従事者』は、
・・・どう思っていたのか?
『今も帰国できず、食事・ホテル・情報集め…すべて私費の人』、
・・・似た状況で、この差はヒドイですが、
   日本(=安全な国)から出れば、これが普通
   正しい自己責任だが、、、何とか助けたい。
『今、軽症で狭いホテルで耐えてる人』、
・・・世界的には、これでも好待遇。嫌なら自宅へ。


現在、長崎停泊しているクルーズ船:コスタ・アトランチカ号
今回も外国で起きた、外国企業のクラスタ
感染者が4/20に1人、4/25に148人。
乗員623人からすると凄まじい増加率。

今回はマスコミは淡々と報道していますが、
「港から出ていけ」という報道も出始めました。

  ・・・余談ですが、
  マスコミが『淡々と報道』する時って、
  「悪口書きたいけど、私だけ書くと叩かれる。
  まずは事実だけ書いて、様子を見てみよう」
  って感じですかね(笑

 
話を戻して、ここまでを短くまとめると。
  ダイアモンド・プリンセス:おもてなしを要求
  医療従事者       :無謀な患者にも奉仕
  日本の軽症者(ホテル) :世界基準では好待遇

  帰国できない人     :旅の自己責任、厳しい現実
  コスタ・アトランチカ  :追い返せ(?!)

こうやって単純な言葉で並べると、変化はわかりやすい。
・その時は当たり前でも、後になるとヒドイこともある
・だんだん厳しい判断になってきた。感情的なことも。

 平和ボケだった日本人がどう変化するか?
ニュースの変化を見極めてゆきましょう!