ゲイの金融コンサルタントのぶっちゃけ日記

LGBTの社会保障。あまり語られてこなかった分野を、金融コンサルタント&カウンセラーとして紹介します。 と言っても、好き勝手な人生を歩む中年オヤジなので、ゆる~く・のんびり・正直に書きます。

医者選びのコツ:前編 ~旧体質な医師たち~

医者をねぎらうべき時期に、こんな記事ですいません。

主治医の選び方について。
これ、健康な人にはわかりにくいんです。。。


■事例1
Lさんの兄(39歳、独身)が末期がんと診断。
余命半年の宣告。

「何か方法はないんですか?」
すがるLさんに、自分より若い主治医はサラリ
「あと何か月、生かしたいんです?」

その後も度々、雑な口調。
Lさんは病院の相談窓口に
「主治医を変えてくれ」何度か訴えた。
しかし強くは言えない。
兄が人質だから。

 

 

f:id:lgbts-lifeplan:20210103160440j:plain

病院派閥と言えば、ドラマ『白い巨塔』。1966年田宮二郎、2003年唐沢寿明、2019年岡田准一が主演。私は唐澤主演が印象大!あんな世界、今も聞きます。

 

 ■事例2

Cさん(39才、男性)は高血圧、半年前から服薬。
食後の薬の時、友人に言われた。
「半年前にたった1回、血圧142になっただけでしょ?
なのに薬飲むもの?」

健康診断も結果良好、普通体系、ジム通いのCさん、
自身も納得していなかった。

次の診察の際、医者に言ってみた。
「職場移動で、この病院に来るのが難しい。
家の近所の病院を紹介してください」

しかし紹介先の病院も、今までと同じ診断・同じ薬。
「今までの診察は正しかったのか」とCさん

 

とてもよくあるケースですが、
紹介はたいてい身内(同派閥)同士
新しい病院の医師からすれば、治療方針を変えられない。
お客(=患者)を譲ってくれた前の病院を否定することになる。

この状況だけ聞くと、
Cさんは服薬中止も検討して欲しい。

 

 

■事例3
セカンドオピニオン受けたい」
って言ったら、
名医と評判の主治医が、回診に来なくなった。

それまで主治医は
セカンドオピニオンとか、様々な考え方も必要」
って言っていたのに。

これも、今だに茶飯事。

 

■事例4
セカンドオピニオンで聞いた治療を、主治医に依頼。
なのに、主治医は自己流の治療だった」

ずいぶん悪質なケースですが、
これはがん治療・日本Best3に入る名門病院で、
3年前に私が聞いた話。

 

4例挙げたが、他にもイロイロ。
 ・患者マターではなく、病院方針で治療決定
 ・偉い教授医師の診断だから
 ・点数(病院の収益)、、、などなど
 

じゃぁ、どうすればいいの?
続きます。

1人暮らしのコロナ入院体験談

コロナ罹患の友人の体験談。

彼は40代前半、超真面目。
フルマラソン走るし、食事は玄米のみ、
夜遊びもせず、典型的な健康オタク。


2020年12/28
彼はいつも通り出勤、年の最終日だ。
昼前から急な倦怠感&発熱(38℃微熱)、病院へ。

 

12/29 昼
PCRの結果・陽性。
保健所より自宅待機を指示される。
倦怠感&発熱は変わらず、治療・検査・投薬ナシ。
彼はそのまま1人暮しの部屋に。

 

12/30 朝
未明より咳と39℃以上の高熱。
保健所に電話しても「自宅で安静に」を繰り返す。

 

現在、基礎疾患がある人さえ、
20-60代は原則、入院不可。
まして健康体・軽症の彼、
保健所は放置が当然。

彼は不安で、私に電話してきた。
私はすぐ、彼の異変に気付いた。
・普段の聡明な返答ではない
・明日12/31から医療関係者は減る
私は言った。
「保健所に実情伝えて!多少盛ってもいいから」
「でも、、、聞いてくれないし。。。」

珍しく 弱気になっている彼をけしかけた。
保健所もようやく、病院検査を手配。

 

12/30 昼過ぎ
病院で検査の結果、肺炎。
入院確定。

 

12/30 夕方
体調急変。
ベッドのブザーが押せないほど。
ECMOではないが、簡易な人工呼吸器も。

「意識が戻ると、息をする度に激痛。
ベッドの周りに医者が何人もいて、
ニュースで聞いたような治療薬の名前が
遠くで聞こえて、
『あぁ、俺ヤバいんだ』と思ったら、
激痛でまた意識が遠のいて」

 

 

 

f:id:lgbts-lifeplan:20210117131834p:plain

東京都では既に8万人が感染。160人に1人は感染した計算。
小~中規模マンション1棟に1人は居る計算。もう対岸の病気ではない。

 

1/5頃~
彼は医師も驚くほど急回復。
前述通り、フルマラソン走る健康オタクのおかげか。

1/15、退院した。
「もう1日自宅に居たら、
俺、自力で救急車呼べなかったよ。
しゅうさんが強く言ってくれたお陰、ありがとう」

しかしまだ味覚障害、咳は残る。
今後も徹底的な通院治療を勧めた。

------------------------------------------ 

「保健所がもっと・・・
と言う意見もありそうですが、
これを医療崩壊と言います。 


LGBT特にTの人
保健所の判断が遅れたり、
病院が受け入れない可能性もあります。
(受け入れ拒否の医学的な根拠はない)

タバコ吸う人、体力が低い人、
特に糖尿病(含:予備軍)、
コロナの大好物です。

 

病気の時、
弱気になったり、
現状を認めたくない。
誤った判断をしがち。
プロ( 医師や保健所職員)の判断とは別に、
知識ある第三者の、客観的アドバイスが重要

そして
『待ってるだけ』『謙虚』はNG。
強い意識で、自己アピールが必要。
   ↑
LGBTはこういうの、苦手ですよね。

LGBTは、いざと言う時も1人かもしれない。
冷静な判断をくれる友人、確保しましょう。

LGBTから見たファミマ『お母さん食堂』

ファミマの『お母さん食堂』と言う名称、
〜料理をするのは「お母さん」だけですか?〜
女子高生が署名活動をしたたニュース。

一般人が、しかも高校生が、
声を挙げてくれたのは
拍手喝采、嬉しい限り。

 

f:id:lgbts-lifeplan:20210109234105j:plain

『お母さん食堂』の名称、さらに割烹着姿。
「ずいぶんステレオタイプだなぁ」と言うのが私の印象

 

しかし、彼女たちに対し
「営業妨害」「表現の自由の侵害」
バッシングも多いとか。


なんだかねー。
2つの点で残念。

1) ジェンダー理解の低さ
例えばヨーロッパなら、NG名称。
日本は、世界屈指のLGBT差別国。
道は遠い。
LGBTとしては悲しくなります。

まぁ、日本企業はこんなもんでしょうね。


2)
頑張る人への態度?
誰かが頑張って声を挙げる。
この勇気、パワーに
文句!?
恥ずかしくないのか?

言論の自由
顔が見えないから?

ちゃうやろー!
と声を大にして言いたい。

 

私の人生初バイトがファミリーマート(笑
応援してたんだけどなー。

『お母さん食堂』。
セブンイレブンで言えば『セブンプレミアム』。
ファミリーマート上層部でも、
社運をかける大プロジェクトのはず。
なのに、
この名前が稟議を通る会社。
誰か気づかなかったんですかね。。。
そういう会社なのかなぁ。

署名活動が終わった今、
女子高生たちに感謝と労いの言葉を贈りたい。

 

トリアージ、医療格差は必要?悪?

患者に優先順位をつける=トリアージ
と言う言葉がニュースで出てきた。

急にシビアな言葉、と思いました?
実は数十年前から、議論されていた言葉。

 

日本人は原則、保険証を持っており、
健康保険料を支払っている。
その額は諸条件で変わるが、40歳・独身・全国平均↓
・年収400万円  :34万円 ※サラリーマンの平均
・年収1000万円:94万円 ※一般的に言う高所得

「収入が多いから、負担増は当たり前」
v.s.
「多く払ってるのに、受ける治療は同じ?」
意見が分かれるのは当然。

前者の意見もわかるが、
後者の意見は、高所得者からすれば
約3倍の保険料を支払わないと、同じ医療を受けられない。
「これで公平?」と言うことだ。

医学界も意見が分かれる。
「収入で治療が分かれるのは良くない」
v.s.
「高額な良い治療が普及されない」
この後者、どういうことか?

 

健康保険=3割負担は、厚生労働省が認めた治療。
治療をどんどん認可し過ぎて、
7割負担する国家予算は、とっくに限界オーバー。
だから最新の良い治療が認可されにくい

嫌な言い方に換えれば、
圧倒的多数の一般庶民の心情に配慮して、
医療が発展できないのもまた事実。

 

 

f:id:lgbts-lifeplan:20210112133339j:plain

健保組合は赤字が膨らむ一方。保険料が値上げするのも当然。それでも追い付かず、超大手でさえ次々と破綻。3年後、団塊の世代健康寿命終了、、、恐怖。

 

良い治療をもっと日本に広めたい。
その為には、
まずは多く支払っている人にだけでも、
良い治療を提供する。
それが増えれば、治療費も安くなり、
一般人にも普及できる。
と言うのが前述、医学界後者の意見。
患者1人1人の人生、価値観、生活に合わせ、
治療を変えるのだ。

 

トリアージ、医療格差を容認しますか?」
平等=全員同じなのか?
平等=個々人の違いに合わせた対応
日本人の真価が問われていると私は考えます。

1/10サンデージャポン、デヴィ夫人のパーティ開催

デヴィ夫人が2020.12/31、
ウェスティン東京(恵比寿)で90人を集めて
カウントダウンパーティを主催。

今朝1/10(日)のTV番組サンデー・ジャポン
デヴィ夫人が出演、弁明していた。
出演者が互いをかばい合うのは、TV恒例行事。

 

f:id:lgbts-lifeplan:20210110123821p:plain

政府や出演者に気を遣って自由な発言できない報道番組より、これくらいハチャメチャな番組の方が、真実があるかも

 

が、1人、
杉村太蔵(元政治家、小泉チルドレン)はつっこんだ。
「普段気をつけてる人間からは、頭にくる」

デヴィ夫人は烈火のごとく怒り、
「私のパーティの参加者は意識が高い」
「若い人が問題。渋谷でポイ捨てして」

最後には、太田光爆笑問題)が
長々と無理やりフォロー。

 


思ったのは2点。

杉村太蔵、えらい!
思ったより骨あるじゃん。

デヴィ夫人の前にも、
飲食店への政府補助に関して。
「1日6万円だと純利益。しかも20時までは営業できる。
こんなに払う国はない。下手すると店舗の最高益」

これは小規模店舗の話。
従業員人数や家賃によっては、No。
でも働かずして得られる金額としては
けっして少額ではない。

 

私自身は、夏も秋もずっとコロナ自粛、
でも補償0。
飲食店への補償は羨ましい。
しかも20時まで稼いで、更に給付!

もちろん飲食業も深刻。
でも同様に深刻で、補償がない業種、多いです。

 

飲食店に気を遣って誰も言えないことを
杉村太蔵は、堂々と言った。
政治家も、ジャーナリストも見習って欲しい。

 

f:id:lgbts-lifeplan:20210110124005j:plain

当初はオ子チャマなタイゾウ君も、成長してます。政治家に未練があるのか、政府目線だし、まだまだスキが多い発言ですが、結構核心ついててる。

 

 

デヴィ夫人は典型的パターン
「自分はちゃんとしてるから
パーティも旅行もOK」
結局、みんな、こーなんだろうね。
だからパンデミックは止まらない。
自分は感染していない、自分だけは特別、
ということだろうか。

デヴィ夫人は若者を非難。
確かに、
軽率な若者も多いが、 
ルール違反の高齢者もとても多い。

常識のない有識者も多い。
要は、問題がない立派な世代はない

イメージが悪い若者にぜーんぶ押し付け、
自分は関係ないって態度、デヴィ夫人、汚い。

 

デヴィ夫人みたいな歳の取り方は嫌だな、
正直、思いました。
自分の最近の言動、大丈夫だったかな?
 

日曜の朝から、面白かったです(笑 

がん告知を受けた若パパ

「がん、って言われちゃいました」
久々のお客様Aからの電話。

Aさんと会った5年前、当時34才。
31歳で娘出産、新居購入した若パパ。
学資保険を中心にしたFPでした。

当時、私が言ったのは、
「学資=貯蓄もいいが、マイナス金利では不利。
40代になれば嫌でも保険を考える。
若い今の方が安価。万一でも家族を守れる」
しかしAさんは
「会社で入ってるから大丈夫」
 ※Aさんは一部上場の大手メーカー勤務


このパターン、とっても多いです。
Aさんはストレートですが、
LGBT、特にGBはこの傾向。



急遽、数年ぶりにAさん宅に再訪問。
Aさんの勤務先保険を確認。

Aさんの場合、
がん診断で200万円、入院1日3万円。
一見立派に見えるし、大体の人がこんなもん。

実際は、
今どき、がんの入院はせいぜい1〜2週間。
治療は数年かかるが、ほぼ通院。

治療費+生活補填(傷病手当の不足分)で
200万円では半年で消える。
 ※傷病手当は給料2/3以下

 

年間200人以上の保険を見ている私からみて、
Aさんはまだマシな保険設計。
日本人の半数+αが、こんな感じ。
現在の医療、老後設計まで考えて、
ちゃんと安価に抑えているのは、せいぜい0.5%。

 

 

f:id:lgbts-lifeplan:20210110000131j:plain

がん治療の医療費そのものは決して高額ではない。働けなくなること、副作用で生活崩壊することなど、副次的にお金がかかる




私はAさんにがん治療の現状、治療のコツ、
Aさんの現状を説明した。
絶望の表情が少しづつ和らいだのが
見て取れた。

「自分だけは、ならないと思っていた」
大病をした人が必ず言う言葉をAさんも。



それから9ヶ月後、
Aさんから住所変更書類が届いた。
引越し先はアパート名。
住宅を売ったのか???


「あの時、もっと強く保険を勧めるべきだったのか」
無理な営業をしない私の、
毎回悩む点です。

緊急事態宣言。魔女狩りと、コロナ対策より重要な政治

パンデミック、感染爆発、
政府はこの言葉を避けていますが、
正にコレ。


やっと出た緊急事態宣言に、
思うところを3点。

 

1) 魔女狩りに気づいた国民

指導に従わない店舗の実名報道

今回、ネットもメディアが、
「店名公表はイジメ」と、
声を上げ始めた。
すごい!
日本国民、成長してますね。

 

「日本人は魔女狩りが伝統的に大好き」
第一波で私は書きました。

1人1人は、噂など
罪の意識がない些細な攻撃。
正義のつもりで、
完膚無きまで社会的に叩き潰す。
昔で言えば村八分
自粛警察という言葉がまだなかったので、
私はこれを魔女狩りと呼んでます。

LGBTの皆さんは、
魔女狩りの恐怖、わかりますよね。
コロナをきっかけに、
魔女狩り日本が改善することを望みます。

 

2) いつ終わるの?

「宣言1ヶ月でパンデミック止まらない」
広く語られている予想。

実行力を持った政府対応、
いわゆる改正特措法は2〜3月。
そう、
2月には一気に厳しい対策が可能。

政治的にも
1月:まずは優しく規制=目標「現状維持」
2月:次は厳しく延長 =目標「改善」
の方が国民感情は納得しやすい。

まして今年は国政選挙イヤー。
自民党はお飾り首相=菅総理
コロナ対策・経済より政治なのです。

 

ワクチンは希望の光?
効果まで、日本は相当時間がかかる
私は見ています。
日本人は「まずは様子見て」が多いから、
ワクチンはなかなか普及しない。
・・・私はすぐに接種しますけどね。

実際にイギリスでは、
1ヶ月前から接種開始なのに
パンデミックの勢いが止まっていない。
コロナの新種も出てるのもあるけど。

 

f:id:lgbts-lifeplan:20210109102429p:plain

日本の報道に目が行きがちだが、世界では毎日60〜80万人が感染・1万人が死亡。
累計は9000万人近い患者、死者はベトナム戦争に匹敵。

 

3) 結局、変化なし

私は、春からずっと、
仕事を抑えてる。
都内外出は最低限、
スーパーも1人、
飲み会も行かない。

そう、真面目にやってる人には、
宣言前後で、何も変わらない。

 

要は「自分で自分を守るしかない」
が今日の結論。
政府、国民、ワクチンに期待するよりも、
まずは自分で自分を守る。
ある意味、基本ですが、
今、重要なのはソレだと私は考えます。