ゲイの金融コンサルタントのぶっちゃけ日記

LGBTの社会保障。あまり語られてこなかった分野を、金融コンサルタント&カウンセラーとして紹介します。 と言っても、好き勝手な人生を歩む中年オヤジなので、ゆる~く・のんびり・正直に書きます。

プロも知らない保険えらび5/5 〜LGBTの保障〜 

 全5回の最終回、
今回はLGBTの保障はどうすればよいか?

「誰にも守られず最後まで1人」 
嫌な表現ですが、LGBTで生きてる上で
あなたも、何度も突きつけられているはず。

 

■Point-1「死亡保険は必要?」
基本は必要ないです。
が、
自分の葬儀を誰かに頼むことになる、
その『誰か』は甥や姪

最低300〜500万円は欲しい。
 葬儀・最低限: 100〜150万円
 孤独死・清掃: 100万円
 病院    : 10〜50万円

 介護    : 500〜1000万円
死亡保険ではなく、貯金で残してもOK。
不動産は、一等地の土地であれば代用OK。
マンションや一等地以外は基本、代用不可。
 

■Point-2「介護、障害者になると困る」
あなたにとって一番切実では?
「ポックリ死ねれば良いが、働けなくなったら?」
「介護になったら、誰が面倒見るの?」

ココ数年で保険業界のブームが
働けなくなった時の保険
受取条件は、会社によって違います。
8割型は詐欺のような条件、要注意。
「11ヶ月障害状態が続いたら、半年間だけ受取」

なんて条件、声上げて笑っちゃいました(笑

介護保険も同様。
最近多いのは、要介護3が受取条件
今は要介護2ですら認定されにくいのに要介護3?
あなたが介護を受ける時代、
受け取れる人がいるんですかね?

ちなみに介護になって必要な費用は
  身体介護:500万円
  痴呆介護:1000万円
「いいです、介護になったら惨めに死ぬんで」
というあなた、現実逃避もたいがいに。
あなたが払えなければ、甥や姪が請求されます。

 

■Point-3「大病になると困る」
これもLGBTは考えたくない、
直視せずに来た点では?

「大病になっても、治療しないで欲しい」
LGBTの8割以上は思ってるはず。
私もそうです。

でも現実は治療します。
 ・瀕死の状態では、人は生きたいと願うもの。
 ・兄弟知人は治療を勧めます。
 ・医師は治療が仕事、生存率で評価されます。

 なので
私はこう考えることにしました。
「一応、基本的な治療はする。
高額や難解な治療は望まない」
コレは家族も友人も、医師も受け入れやすい。
保険も、それに合わせた内容にすれば良い。

そして、病気によって保障を変えるべき。
これが9割以上の営業マンが、案内できません!
営業マンの殆どのトークは、
「がんになったら500万円でどうですか?
 高い?ならば、がん300万で」

安い保険料=売りやすい
が重要なんです、営業マンの常識では。
あなたが一番知りたいのは、
あなたの、今の医療の、適正額はいくらか?
ですよね?
それは営業マンの非常識。9割以上は知りません。

 

大病の代表格、
がん治療は通院で長期化するので、
一時金が出る保険・入院保険は、役に立ちません
一時金が500万円でも、私なら不安です。

それに対し、
脳卒中心筋梗塞は、一時金中心でOK。
脳卒中は入院が1〜2ヶ月、入院保険も必要。

心筋梗塞は入院2〜3日だし。
どちらの治療も、手術以降はリハビリ中心。
よほど重篤化しなければ、これでも十分。

・・・これが、保険金を受取る話=出口
出口を語れるか?
私が営業マンを選ぶ基準です。
でも出口を語れる営業マン、2〜3%も居ない。
 

■Point-4「保障は一生、支払は現役のみ」 
これはとてもとてもとてもとても重要
働いている人、ホントはもう数千円払えるでしょ?
払いたくないけど。
年金生活から、1万円の保険料、払えます?

とても重要なのに、あまり聞かれないのは、
 ・9割以上のLGBTが考えたくない点。
 ・そういう設計OKな保険会社は3〜4社。

 ・案内する営業マンは1%未満。

一般人でも良い保障を持つのが難しい。
ましてLGBT
案内できる人は日本に数人居るのかな?

 

本当はもっと具体的なことを書きたいのですが、
金融庁から怒られます。ここまでで。

より詳しい情報は、
また随時書いていくので、
よろしければお付き合いください。

 

------------------------------------------------------------------------

今までの内容は、

第1編は
↓まず保険会社約40社を、3グループに大別↓

lgbts-lifeplan.hatenablog.com

 

第2編は
↓①日本社、②コンサル系が、今の社会状況に合ってるか↓

lgbts-lifeplan.hatenablog.com

 

第3編は
↓③新鋭系が、今の社会状況に合ってるか↓ 

lgbts-lifeplan.hatenablog.com

 

第4編は
↓必要な保険を、みなさんが誤解している点とは?↓ 

lgbts-lifeplan.hatenablog.com

 

 ------------------------------------------------------------------------